バイナリーオプション(BO)

2013年08月28日 バイナリーオプション(BO)取扱FX業者評価一覧

バイナリーオプション(BO)取扱FX業者評価一覧


バイナリーオプション(BO)取扱FX業者評価一覧


最近、初心者でも気軽に始められるということで人気のあるバイナリーオプション(BO)を取り扱っているFX業者一覧を作成しました。バイナリーオプションとは、一定時間経過後の為替レートが、注文したときの為替レートよりも下がっているか、上がっているかを予想する取引のことです。
バイナリーオプションについて詳しく知りたい方はこちら

私の個人的な基準ではありますが、使いやすさや特徴などを評価して一覧にまとめましたので、バイナリーオプション(BO)取扱FX業者選びの参考にしてください

ぱっと見テクニカルを使えば予想は簡単!?

FXプライム 選べるHIGH・LOW


2012年10月1日にリニューアル!!
100円からトレードできるようになりました
FXプライムの魅力いえば「ぱっと見テクニカル」です。過去のチャートから未来のチャートを予想してくれるので、バイナリーオプションにピッタリの初心者さんが使いやすいツールです

FXプライムの選べるHIGH・LOW(FXプライムの選べる外貨と共通の口座です)を始めるならこちらからどうぞ



1,000円から始められるのが魅力!

GMOクリック証券 外為オプション




▼その1 FX初心者に簡単(シンプルでわかりやすい)
数分後、数時間後の為替レートが円高か円安かを予想するだけなので、初心者さんでも簡単に外国為替に触れることができます。細かい値動きを気にしなくていいので、楽チン♪
画面もカラフルで分かりやすいので、操作も簡単でしたよ〜

▼その2 小額コストから取引可能
金融取引というと多額の軍資金が必要だったりリスクが高くて、取り組みしがたい印象があるかもしれませんが、外為オプションは1,000円からの小額で取引することが可能です。

▼その3 リスク管理が簡単
予想を外した場合は取引額を損失しますが、取引額以上の損失は発生しません。初心者さんにとって、FXでいうところの「損切り」は結構難しいんです。でも、バイナリーオプションは時間で決済が決まっているので、損切りで失敗することはありません。

▼その4 iPhone専用アプリ「iclick外為OP」、Android専用アプリ「外オプroid」で取引可能
細かいチャートを見る必要がないので、バイナリーオプションはモバイル取引に向いていると思います!GMOクリック証券のiPhone専用アプリについては、こちらのムービーを見ると分かりやすいです


2013年7月1日(月)〜 2013年9月30日(月)までに新規でFX取引口座を開設し、FX取引口座開設の翌々月末までにFXネオの新規建て取引を合計100万通貨単位以上すると、5,000円キャッシュバック!

GMOクリック証券の外為オプション(全て共通の口座です)を始めるならこちらからどうぞ



なんと50円からバイナリーオプションが始められる!

みんなのFX みんなのバイナリー

みんなのバイナリー

みんなのバイナリーは50円から注文可能なバイナリーオプションです!
取引画面もリニューアルされ、カラフルで使いやすいデザインになりました。
毎月お得なキャンペーンも実施しているので、これからバイナリーオプションを始めてみたいと思っている方にオススメです

みんなのFXのみんなのバイナリーを始めるならこちらからどうぞ


ブログの応援ポチおねがいします

rankingbtn2

人気ブログランキング

オススメ記事
バイナリーオプションとは?BOって何?
バイナリーオプション(BO)規制の動き
口座開設+取引するとキャッシュバックがあるFXキャンペーン一覧


南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2013年08月28日01:10
Permalink

2013年08月12日 バイナリーオプション(BO)取引月次実績一覧

バイナリーオプション(BO)取引月次実績一覧


バイナリーオプション(BO)取引月次実績一覧


バイナリーオプション(BO)規制が2013年8月より本格的に開始されました。
今回の規制によってバイナリーオプション(BO)最大の特徴である「取引時間」が、これまでの最短5分から最短2時間に変更されました。また、バイナリーオプション(BO)を取引するためには、商品やリスクに関する「試験」に合格しなければならなくなりました。
バイナリーオプション(BO)トレーダーにとっては、今回の規制によって手法の変更や試験に合格するための勉強などトレードするためのハードルが少し上ったように思います。

今回のバイナリーオプション(BO)規制に先駆け、昨年12月12日付で一般社団法人金融先物取引協会は、バイナリーオプション(BO)取引の取扱各社をはじめとする会員各社向けに【個人向けバイナリーオプション取引】規制骨子を公表しました。

【個人向けバイナリーオプション取引】規制骨子は、バイナリーオプション(BO)取引を個人投資家向けの健全な金融商品として発展させるために必要な自主規制ルールの検討を目的として、昨年9月に協会が立ち上げた「バイナリーオプションワーキンググループ(WG)」の過去5回のWGの中間整理として取りまとめられたものです。

今後は本骨子を基に、BO取引に係る制度の詳細設計につきWGとしての検討が継続されるのと並行して金融庁とも協議の上、早期に規制の枠組みが確定され、平成25年春を目途に自主規制が制定される見通しです。

■規制骨子について
本骨子において、今後の自主規制ルールに盛り込むよう提言された項目の要点は、以下の4点です。
1、正しい知識の提供
2、過度な取引の抑制
3、顧客保護・顧客利益に資する商品設計
4、適切な取引条件による商品の提供

この一環として、バイナリーオプション(BO)取引月次実績が公表されることになりました。
GMOクリック証券、FXトレード・フィナンシャル(FXTF)、FXプライム、ヒロセ通商、みんなのバイナリーの実績を一覧にして掲載します。

総取引金額:バイナリーオプション(BO)取引の総額
総支払金額:バイナリーオプション(BO)取引に対して各社が支払った金額
取引口座:バイナリーオプション(BO)取引が行われた口座数
損失発生口座:バイナリーオプション(BO)取引が行われた口座のうち、月間通算損益が損失の口座

「総取引金額に対する総支払金額の割合」とは、顧客が投資した金額のうち、どれだけの金額をFX会社が払い戻したかという割合のこと。100%を超えているor100%に近いほど、顧客が利益を出しているということになります。

「取引口座数に対する損失発生口座の割合」とは、各月のバイナリーオプション(BO)取引で約定があった口座のうち、損失が発生した口座の割合のこと。この値が低いほど顧客が利益を出しているということになります。

一見すると、ほとんどが損失口座だからバイナリーオプション(BO)取引なんかやめよう・・・と思うかもしれませんが、通常のFX取引では利益を出せるのは1〜2割と言われているので、3割近くが利益を出せるバイナリーオプション(BO)は比較的勝率が良いということになります。

バイナリーオプション(BO)を取り扱うFX業者を選ぶ際は、「総取引金額に対する総支払金額の割合」が100%に近く、「取引口座数に対する損失発生口座の割合」が低い会社を選びましょう。

バイナリーオプション(BO)取扱FX業者評価一覧
バイナリーオプション(BO)とは?バイナリーオプションって何?

GMO
クリック証券
FXTF FXプライム ヒロセ通商 みんなの
バイナリー
2013年
7月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.22% 96.90% 97.40% 94.90% 95.38%
取引口座に対する
損失発生口座の割合
70.94% 75.40% 76.30% 66.70% 78.87%
2013年
6月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.61% 96.00% 95.40% 92.70% 95.16%
取引口座に対する
損失発生口座の割合
68.96% 78.90% 78.50% 72.70% 78.13%
2013年
5月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.84% 96.20% 99.20% 94.10% 95.44%
取引口座に対する
損失発生口座の割合
71.16% 77.60% 77.80% 71.10% 79.46%
2013年
4月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
100.41% 92.80% 95.00% 92.00% 91.57%
取引口座に対する
損失発生口座の割合
67.81% 78.50% 78.50% 69.40% 80.78%
2013年
3月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.98% 94.90% 94.50% 92.40% -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
73.30% 77.00% 79.30% 70.10% -
2013年
2月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.79% 95.10% 99.60% 93.90% -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
69.34% 76.00% 77.60% 71.10% -
2013年
1月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.75% 93.00% 98.80% 94.90% -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
68.23% 77.90% 74.70% 72.00% -
2012年
12月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.90% 94.00% 98.20% 94.50% -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
67.46% 78.40% 74.00% 69.50% -
2012年
11月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.95% - 97.50% - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
72.10% - 77.30% - -
2012年
10月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.95% - 97.90% - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
69.99% - 72.10% - -
2012年
9月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.81% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
67.66% - - - -
2012年
8月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.89% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
71.18% - - - -
2012年
7月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
100.07% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
67.21% - - - -
2012年
6月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.33% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
72.40% - - - -
2012年
5月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.81% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
70.13% - - - -
2012年
4月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.5% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
68.40% - - - -
2012年
3月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.36% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
70.08% - - - -
2012年
2月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.65% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
69.70% - - - -
2012年
1月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.70% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
67.87% - - - -
2011年
12月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.42% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
68.51% - - - -
2011年
11月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.89% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
69.24% - - - -
2011年
10月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
99.51% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
61.51% - - - -
2011年
9月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
98.09% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
65.93% - - - -
2011年
8月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.83% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
65.78% - - - -
2011年
7月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
96.69% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
66.21% - - - -
2011年
6月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
96.75% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
65.64% - - - -
2011年
5月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
95.92% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
70.20% - - - -
2011年
4月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
97.04% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
66.70% - - - -
2011年
3月
総取引金額に対する
総支払金額の割合
102.49% - - - -
取引口座に対する
損失発生口座の割合
48.12% - - - -

ブログの応援ポチおねがいします

にほんブログ村

人気ブログランキング

オススメ記事
バイナリーオプション(BO)規制の動き


南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2013年08月12日16:00
Permalink

2012年11月13日 バイナリーオプション(BO)規制の動き

バイナリーオプション(BO)規制の動き


バイナリーオプション(BO)規制の動き

Reading time:3分

上がるか?下がるか?の二択という手軽さが人気のバイナリーオプション(BO)ですが、年内にも規制されるとの動きが出てきました。バイナリーオプションとは、直訳すれば「2択の選択」。FX(外国為替証拠金取引)市場で、特定の期日までに騰落するのを予想するというものです。

バイナリーオプション(BO)とは、簡単に言えば、現在のレートより上がるか下がるかを予想して、当たれば各FX業者が定めた倍率を購入額にかけた払戻金を受け取ることができ、外れれば購入額が没収されるという仕組みです。

一種の賭けのような単純な仕組み、かつ、少額(50円から)取引できるので、FXを詳しく知らない人でも手軽に始められる魅力があります。また、FXでは一般的に大きな損失を出すイメージがあるようですが、バイナリーオプション(BO)の場合は購入額以上の損失を出さないため、FXと比較してリスクが少ない印象を受けます。

FXで利益を出すためには自分が注文したレートよりも市場が大きく動けば動くほど利益(または損失)が出ます。つまり、市場が動かなければ利益を出せない仕組みです。現在のように、相場の動きが乏しい局面では、「レバレッジを上げる・投資額を増やす・取引回数を増やす」などの方法を取らなければなりません。

その点、バイナリーオプション(BO)は値動きが少ない市場であっても、上がるか下がるかの予想さえ的中すれは利益を出せるため、通常のFX取引からの転向者や併用者も多くなっています。実際、昨年以降、バイナリーオプション(BO)の取引高は急増しています。

こうした状況下で、バイナリーオプション(BO)規制の動きが出てきた背景には、賭博性があるとの見方が業界内でも出始めているためです。実際、賭博性があるとして規制をかけている国もあり、FX業界としてはバイナリーオプション(BO)の問題点を見直し、自主規制することで安心して取引をしてもらう狙いがあると思われます。

バイナリーオプション(BO)の中でも問題視されているのは、短期型の商品です。数日や数週間単位で予想するものは問題視されることはありませんでしたが、最近では数分後(最短で5分後)の値動きを予想する商品も出てきています。長期(日単位)であればOKで、短期(分単位)だとダメ、というのはどこで線引されるのか、どうすれば賭博性がないと言えるのかは分かりません。

FX業界としては自主規制に向けて、バイナリーオプション(BO)の問題点を改善すべく、金融先物取引業協会はバイナリーオプション(BO)に関する作業部会を立ち上げ、議論しているようです。考えられる規制としては、「判定時間の見直し(数分単位の短期予想は行えないようになる)」と「購入額に上限を設ける」などです。

現在のところ、具体的にバイナリーオプション(BO)の規制が決定しているわけではありませんが、年内にも見直し案が出されるとの見方が強まっていますので、バイナリーオプション(BO)の取引をしている方や、始めようと考えていた方は今後の動きに注目しておくと良いでしょう

ブログの応援ポチおねがいします

にほんブログ村

人気ブログランキング

オススメ記事
バイナリーオプション(BO)とは?バイナリーオプションって何?
バイナリーオプション(BO)取扱FX業者評価一覧
外貨両替の手数料比較 激安にする方法とは?


南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2012年11月13日13:23
Permalink

2012年10月04日 バイナリーオプション(BO)とは?バイナリーオプションって何?

バイナリーオプション(BO)とは?バイナリーオプションって何?


バイナリーオプション(BO)とは?バイナリーオプションって何?


バイナリーオプションという言葉を最近よく聞きますが、バイナリーオプションって何でしょうか?
バイナリーオプション(略してBO)とは、一定時間経過後の為替レートが、注文したときの為替レートよりも下がっているか、上がっているかを予想する取引のことです。

例えば、米ドル/円の現在のレートが1ドル=85円で、その10分後のレートは85円よりも上がってると思いますか?下がってると思いますか?・・・というのがバイナリーオプションです。結構、単純だと思いませんか?

上がるか下がるか予想するだけなので、初心者の方でも始められそうですよね。FXで本格的にトレードするよりも気軽にチャレンジできるので、とても人気があります。また、100円から始められるものもあるので、FXよりも資金が少なくて済むというメリットもあります



では、バイナリーオプションとFXの違いは何でしょうか?

FXは為替レートの値動きがそのまま利益に反映されるので、大きく動けば大きな利益(損失)、小さければ小さな利益(損失)になります。バイナリーオプションの場合は上がるか下がるかの二択で取引するので、値動きが小さくても利益を上げることができます。また、損失の場合でも購入時に最大損失額(最大利益額)を算出することができるのも初心者向けと言えます。

FXの場合はポジションを持ったら何時間でも何日でも持ち続けることができますが、バイナリーオプションは短期決済なので、基本的に24時間以内にトレードが完了します。ポジションを翌日まで持ち越さないので、トレードが気になって仕事が手につかない!なんてこともありません(笑)

バイナリーオプションならではの、面白い特徴としては相場が閉まる前にポジションを精算することができるので、利益確定(損失確定)を早めることができます。これを「権利放棄」と言います。「上がると予想したけど、下がってきてしまった!」「もうそんなに利益が期待できないから今の時点で早く利食いしたい!」ときに、判定時刻を待たずに決済する仕組みで、FXトレードフィナンシャルの「HIGH・LOW」が対応しています。

FXはいろいろな通貨ペアでの取引が可能ですが、バイナリーオプションは取引できる通貨ペアが限られています。どのFX業者も取り扱っているのが馴染みのある米ドル/円です。ユーロやポンド、豪ドルを取り扱っているFX業者もあります。



バイナリーオプションは、まだ比較的新しい金融商品なので、トレードできるFX業者が限られています。その中でも、1番人気があるのはGMOクリック証券の「外為オプション」で、やはり100円から始められる手軽さが人気のヒミツではないでしょうか。

最短10分で取引完了になるので、いつでもどこでもトレードできるようにモバイルに対応しているFX業者を選ぶのは必須です!また、米ドル/円に特化したバイナリーオプションを取り扱っていたり、デモトレード可能なFX業者もあるので、チェックしてみてくださいね私もデモトレードで練習中です(笑)

バイナリーオプション(BO)取扱FX業者評価一覧



ブログの応援ポチおねがいします

rankingbtn2

人気ブログランキング

オススメ記事
FXキャンペーン一覧
iPhoneアプリ対応FX会社ランキング
FX業者主催の無料FXセミナー一覧
デモトレードできるFX業者一覧
ZAR/JPY FX比較ランキング
外貨両替の手数料を激安にする方法とは?
住宅ローンの金利一覧
FXの税金対策をしなきゃ損!
くりっく365とFX関連ニュース
日経225miniで国家公務員を辞めた男のブログ


南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2012年10月04日15:32
Permalink