オススメ★FX口座開設キャンペーン

2011年06月

2011年06月30日 いつだって考えるのは副業(FX)のことばかり

いつだって考えるのは副業(FX)のことばかり


Reading time:3分

みなさん、夏のボーナスはもう出ましたか?
震災の影響もあって「そんなのゼロだよ」という方も多いようです。少ないお小遣いをやりくりして生活しているサラリーマンは大変ですよねペットボトルのお茶すら買うのをためらって、水筒持参という人も…。周りを見ると、せっせと節約している人たちも多いですが、副業で収入を得ている人もいますね。

FXは少ない資金で、お小遣いを稼げるとサラリーマンの間では人気があるようです。サラリーマンだけでなく、主婦の方もヘソクリから投資しているなんて話もありますしね(笑)投資を始めるには、まとまった資金が必要だと思いがちですが、実際はそうでもないんです。10万円からでも、ちょこちょこお小遣いを稼げるんですよ〜

副業に興味を持っている人は結構いますが、実際に始めるとなるとハードルが高いものです。特に、それが投資となれば、「資金が貯まってから」とか「知識を身につけてから」とか、どんどん先延ばしになってしまいますよね。しかも、投資は絶対儲かるというものではありませんし、リスクも当然あります。でも、リスクを背負ってでも始めなければ、お金は増えませんからね〜。

前に勤めていた会社が金融系だったこともあって、株を買ってる人は結構いました。値が下がっても「銀行に預けておくだけのお金だし」というくらいで、どーんと構えてる人が多かったですが、それは収入に不自由しない人だからで…少ない資金でお小遣いを稼ぐにはやっぱりFXしかないのかなぁ。

本格的に(?)FXを始める前にオススメしたいのが、FX口座の開設です。銀行に預けているお金を新規開設したFX口座に入金して、少しだけ取引すると商品券や現金がキャッシュバックされるというキャンペーンがあります。

くわしくはこちら→FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧

当サイトの姉妹サイトとの特別タイアップキャンペーンもありますので、FXを始めようと思っている方は、ぜひチェックしてみてください


過去の記事はこちら
初心者が陥りやすいFX業者選びの罠
ライブドア事件がFXに与えた影響とは?
震災の影響でFX個人投資家大損失?
FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧
南アフリカランド円 FX比較ランキング
トルコリラ円 FX比較ランキング

blogranking




南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2011年06月30日12:16
Permalinkその他 

2011年06月29日 LTCMの破綻がFXに与えた影響とは?

LTCMの破綻がFXに与えた影響とは?


Reading time:4分

LTCM(ロングタームキャピタルマネジメント)は、債権トレーダーのジョン・メリウェザーの発案により、1993年末に設立されたヘッジファンド会社です。その当時、世界的にも大規模なアメリカのヘッジファンド会社でした。

この会社の運営に関わったのが、FRBの元副議長デビッド・マリンズや、ブラック-ショールズ方程式を完成させてノーベル経済学賞を受賞した経済学者であるマイロン・ショールズとロバート・マートンなどであったため、LTCMは天才が集まったドリームチームとも呼ばれていました。

1998年9月、このLTCMが破綻することになったのですが、それは国際金融の歴史を振り返ってみても、世界経済を脅かすほどの前代未聞な規模の金融破綻事件でした。

LTCMが破綻に追い込まれた直接の原因は、1997年に発生したアジア通貨危機と、その流れで発生した1998年のロシア財政危機です。アジア通貨危機で投資家が質への逃避を考え始めていた時に、ロシアが債務不履行を宣言したため、新興国の債権や株式は危険ではないかという認識が世界中で広まりました。そして、投資家達は投資資金を引き上げて先進国に移し始めました。

LTCMの誤算は、この一連の流れは数日以内に収束すると見ていたことで、新興国の債権や株式の買い戻しが起こると信じて疑いませんでした。結局は事態は最悪の方向に向かい、買い戻しが起こるどころか投資資金の引き上げがさらに加速していきました。こうしてLTCMは多大な損害を出して破綻に追い込まれたのです。

このLTCM破綻を受けて、当時の連邦準備制度理事会のグリーンスパン議長は何千億ドルにも及ぶ資金援助を関連金融機関に対して行いました。このグリーンスパン議長の英断とも言える資金援助等によって、世界経済はどうにか難を逃れましたが、もし対応が間違っていれば非常に厳しい事態になっていたほど、LTCM破綻は歴史的にも無視出来ない事件でした。

さて、LTCM破綻による日本の為替市場への影響は、どのようなものだったのでしょうか。まずLTCM破綻によって、アメリカの金融システムに不安が生じました。そのため大量のドル売りが発生したのですが、この売り方が凄まじく、ほんの数日で国内為替市場は1ドル136円台から111円台まで25円動くほどの円高となりました。

過去の記事はこちら
サブプライムローンがFXに与えた影響とは?
3分で分かるプラザ合意
ライブドア事件がFXに与えた影響とは?
震災の影響でFX個人投資家大損失?
FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧
南アフリカランド円 FX比較ランキング
トルコリラ円 FX比較ランキング

blogranking




南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2011年06月29日11:59
PermalinkFX関連ニュース 

2011年06月28日 初心者が陥りやすいFX業者選びの罠

初心者が陥りやすいFX業者選びの罠


Reading time:3分

これからFXを始める方のために、是非注意していただきたい点を挙げていきたいと思います。

まずは何と言ってもFX業者選びです! 自分が考えているトレードスタイルに合うような、良い条件が揃っているFX業者を探してみましょう。 初心者の方は、まず何が何でもトレードをしてみたい!という欲求から、FX業者を吟味しないで簡単に決めてしまう方が多いようです。 実は私もその一人でした(笑)

自分のトレードスタイルはトレードをしてみないと決まらないのでは?と考えている方も、まずは大雑把にトレード計画を立ててみましょう。 日常の余っている時間を使ってトレードするのですから、短期トレードがいいのか、長期トレードがいいのか、このくらいは決めておきたい点です。 そして大雑把にでもトレード計画が立てられたら、次は各々のFX業者がアピールする条件を吟味していきます。 今では口コミサイトも多いので、評判の良い業者、悪い業者をランキングで見てみるのも、分かりやすくてオススメです

初心者の方がFX業者に求める点で、一番の注目所は、なんと言ってもやはりスプレッドの狭さではないでしょうか? 確かにスプレッドは大事です。 単純に1回のトレードに対してのコストが安くなるのですから、安いと聞けば当然気になりますよね(笑)

しかしここで注意しなくてはならないことがあります スプレッドが狭いFX業者ほど、スリッページと呼ばれるスベリが頻発するということです。 自分が約定させたい値とはかけ離れたところまで値が滑ってしまうことも多いんです

トレードでスプレッドの狭さばかりが気になってしまう方は、スプレッドとスリッページを併せて考えてみることをオススメします。 スベリが頻発するFX業者は、おそらく口コミサイトでも散々叩かれていると思うので、あまりに不評なFX業者は避けた方が無難かもしれません。

FX業者選びで大事なのは、自分のトレードスタイルが、デイトレードなのか?スイングトレードなのか?長期トレードなのか?などを考慮して、スプレッドだけに目を奪われず、全体の条件の良さで選ぶのが大事!ということを覚えておきましょう。

無事業者も決まり、次にFXをはじめた初心者が陥りやすい罠として、最初の資金が少なすぎてFXで負ける度に借金をしてしまう、ということもあります。余談ですが借金の返済をする上で利息を払いすぎている場合があったら、手遅れにならないうちに払いすぎていた利息を取り戻す「 過払い金請求」という手続きをとることでお金が取り戻せる場合があります。FXと借金のダブル地獄なんてことにならないために、借金の悩みは一人で解決しようと考えないことがベターです。

過去の記事はこちら
FXとは?FX取引って何!?
FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧
南アフリカランド円 FX比較ランキング
トルコリラ円 FX比較ランキング

押していただけると泣いて喜びます
為替・FXブログランキング
いつも応援クリックありがとうございます
為替ブログ人気ランキング

blogranking




南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2011年06月28日11:19
Permalink初心者のためのFX講座 

2011年06月27日 サブプライムローンがFXに与えた影響とは?

サブプライムローンがFXに与えた影響とは?


Reading time:3分

サブプライムローンとは、信用度が低い人のためのローンのことを言います。サブプライムローンのサブは「下位の」、プライムは「優良の」という意味です。そして、100年に一度の金融危機と言われている中で、サブプライムローン問題は、為替にも大きな影響を与えました。

このサブプライムローン問題が円高を誘発してしまった原因は何かというと、円キャリートレードという投資方法が深く関与していると言われています。円キャリートレードとは、金利が低い円で資金を調達して、それを使って金利が高い外貨に交換して海外の市場で運用する、という投資方法です。この円キャリートレードを行う人が増えると、円が売られて海外通貨に交換されるということで、為替相場は円安の方向に進んで行きます。

サブプライムローン問題が世に出てくるまでは、この円キャリートレードの影響もあり円安傾向にありました。 しかし、サブプライムローン問題が起きたことにより、円キャリートレードの巻き戻しを引き起こす結果となってしまったのです。

つまり、借りていた円を返済する必要があるため、今度は海外通貨を円に交換する、円を買うということで、円高に傾いていきます。そして、日本は他国に比べてサブプライムローン問題による影響は少ない方でした。日本国内で最も大きな損失を出したのはみずほフィナンシャルグループでしたが、アメリカの金融機関と比較するとかなり損失は小さく済んでいます。

この金融機関の損失の少なさから日本円への期待が高くなりました。サブプライムローン問題が起こる前に、円安が進みすぎていたのも原因です。このような理由で急激な円高となったため、損失を出した投資家は数多くいましたし、それ以外にもスワップ金利の受払いが行われていないことも問題となりました。これは、金融縮小が進んだせいで、決済資金の受け渡しが正常ではなかった証拠といえるでしょう。

また、トルコリラや南アフリカランドなどの新興国通貨の対円為替レートも激しい下落を見せました。同国からの資金流出によって、これらの通貨は大きく売られることとなったのです。

過去の記事はこちら
3分で分かるプラザ合意
ライブドア事件がFXに与えた影響とは?
震災の影響でFX個人投資家大損失?
FXとは?FX取引って何!?
FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧
南アフリカランド円 FX比較ランキング
トルコリラ円 FX比較ランキング

blogranking




南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2011年06月27日14:17
PermalinkFX関連ニュース 

2011年06月25日 3分で分かる!「プラザ合意」

3分で分かる!「プラザ合意」


Reading time:3分

1985年の9月、先進5カ国(アメリカ、イギリス、フランス、西ドイツ、日本)財務省・中央銀行総裁会議(G5)が、ニューヨーク・プラザホテルで行われました。この会議で当時のドル高を修正すべく、為替市場に協調介入をするという声明を出しました。

とても重要度が高い歴史的な会議でしたが、内容が事前に決められていたため、所要時間がわずか20分という短い会議でした。この時のG5の通称が、ホテルの名前をとってプラザ合意と言います。

プラザ合意で決定された協調介入の効果は非常に大きく、ドル相場は急速に下落し続けました。プラザ合意の発表の翌日、たった1日でドル円は1ドル235円から約20円も下落し、1年後には150円台にまで円高が進行しました。

このプラザ合意は、自由に為替相場を変動させる自由変動相場制から、為替市場の様子を見ながら状況次第で介入する管理相場制への、歴史的にも価値がある転換点となりました。

日本ではこのプラザ合意でどのような影響があったのかと言えば、円高が急激に進んだために、日本経済は不況となるのではと懸念されるようになりました。

国内の輸出企業は、経済不況が来ても難を逃れるために、国内に売上を移したり、部品を海外から調達したり、賃金の安い国に工場を移転して国内生産を海外での現地生産にしたり、といった対策を行い始めました。

それが功を奏して、円高は輸出企業にとってそれほど大きなマイナス要因ではなくなっていきました。 また輸入企業にとっては、コストの減少による収益の増加はプラス要因となります。このことから、急激すぎる円高でなければ、円高は景気を良くする材料と考えられるようになりました。

他にも円高での不況が懸念されて低金利政策が継続的に行われたため、その低金利政策によって不動産や株式などへの投機が活発に行われるようになりました。

こうして日本では経済が急速に発展していき、バブル景気へと突入することになったのです。

過去の記事はこちら
ライブドア事件がFXに与えた影響とは?
震災の影響でFX個人投資家大損失?
FXとは?FX取引って何!?
FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧
南アフリカランド円 FX比較ランキング
トルコリラ円 FX比較ランキング

blogranking




南アフリカランドとトルコリラを売り続けるFXブログ at 2011年06月25日12:56
PermalinkFX関連ニュース